ホーム > 施設案内 > 南城ユインチ鉱山

南城ユインチ鉱山

南城ユインチ鉱山
井戸(坑井)

南城ユインチ鉱山は、資源エネルギー庁の平成21年度天然ガス探鉱補助により沖縄初の約2120mの深度まで掘削しました。

 

本鉱山で採取される資源は「水溶性天然ガス」といわれ、天然ガスと付随水の利用が可能となります。付随水は化石海水、古代海水とも呼ばれ「温泉」としての活用が期待されますが、同時に温泉熱(約60℃)の利用を図ります。天然ガスは燃料利用によるコージェネレーション(電・熱併用)の仕組みを基本に、更にCO2を利用したトリジェネレーション(電・熱・光合成)を検討しており、環境負荷削減による低炭素社会に向けた取組み、スマートリゾートの構築を図ります。

掘削現場

 

関連記事

沖縄タイムス

琉球新報

 

 

  • タピックとは
  • 施設案内
  • 採用情報
  • 交通アクセス
このページのTOPへ