ホーム > タピックとは > 理事長挨拶

理事長挨拶

 ごあいさつ

 

医療法人タピック理事長 宮里好一

医療法人タピック理事長

宮里好一

 タピックの出発は、1989年12月に、琉球大学医学部講師・琉大病院総医局長であった小生が、休止していた名護市の民間病院を継承したことでした。公務員生活から在野の医療に踏み出すことを決意した最大の理由は、地元の行政関係者や医療界からの病院再開の強い要請でした。ほかにもベルリンの壁崩壊など世界の構造変化へのうねり、日本のバブル経済最盛期の高揚感など変化を始めた時代が背景にあったように思います。

 

 21周年の歩みを重ねることができました。これは県民の皆様のご支援・ご指導のお陰であり心より感謝申し上げます。

 

 名護市においては、県北部ではもちろん全国の精神科主体の病院では初めてMRIを備えた「脳とこころの医療センター」を目指して、宮里病院を開設し2年後には法人化しました。沖縄県老人性痴呆疾患センターを厚生省・沖縄県から初めて指定され、自治体では画期的な認知症の予防を目的にした「名護市すこやか脳健診」を名護市保健師とともに実施するなど、全国的にも先駆けの取り組みをいたしました。宮里病院野球チームは、沖縄県軟式野球中央大会で優勝し、神戸グリーンスタジアムにおける全国大会に出場を果たしました。

 

 特定非営利活動法人国際リハビリテーションスポーツ振興協会IRSを設立し、プール・ジム・テニスコートなどスポーツ施設と診療所を併設した「名護市スポ-ツリハビリテーションセンター・スポーク」の指定管理事業者を、名護市から受託しました。プロスポーツ選手や市民が利用しております。スポーツ観光、市民の健康増進のセンター、スポーツ医学施設として今後の発展が期待される施設です。

 

 沖縄市においては、沖縄県医療審議会において唯一特例許可された総合的専門的リハビリテーション医療を担う沖縄リハビリテーションセンター病院を開設しました。介護老人保健施設、適合高齢者専用賃貸住宅、プールのある県内最大の通所リハビリテーション施設「百歳堂」もその後オープンしました。国家資格を有するリハビリテーション専門スタッフが180人を超える全国トップクラスの陣容を整え、全国リハビリテーション・ケア研究大会を開催しました。また文化活動・フィットネスを融合した施設「ペアーレ沖縄を国から継承し、今では約5000人の受講者が集い、生きがい作り、健康作りの場となりました。

 

 南城市では、太平洋を眺望する3万5千坪の広大な国の施設「沖縄厚生年金休暇センター・ウェルサンピア沖縄」を引き継ぎ、「ウェルネスリゾート沖縄休暇センター・ユインチホテル南城」として、リニューアル・オープンしました。年間3万人以上の修学旅行生などへの宿泊提供のみならず、屋内外のプールや体育館を活用した地域住民の健康増進施設として再生しました。今後、南城市とともに、日本本土、中国、アジア、世界の人々にとって、ひきつけられるような沖縄のマグネット施設のひとつとして、アジア統合医療リハビリテーションセンターの建設を推進していく決意です。

 

 沖縄県・内閣府沖縄総合事務局の指導の下、「国際医療交流の創出」(ユインチホテル)に向けて取り組みを始めました。さらに国庫補助事業として南城ユインチ鉱山が開発され、自然エネルギーと天然液化ガス活用を組み合わせたエネルギー事業と温泉事業を計画し準備しております。若者や女性、元気高齢者の働く場を確保しアジアに広げ、沖縄の経済活性化・自立、ひいては日本の閉塞した経済を牽引するようなエネルギー事業・温泉観光事業・21世紀型のアジア交流の医療福祉事業への展開を目指します。

 

 未踏の分野に常に挑み、進化を遂げさせていただいた21年です。これはひとえに、国、県、市や沖縄振興開発金融公庫などのご支援と地域住民の支えの賜物であり、すべての職員の日々の努力の結実であると思います。

 

 今、那覇市久茂地において2011年6月、県都心の勤労者をはじめ県民や国内外の皆様にとっての「こころと体のオアシス」になるよう「やはら万国クリニック」をオープンいたしました。

 

 統合医療の視点に立ち、現代医学と伝統医学・代替医療の融合を図り、利用者・患者と治療者の関係を大切にして、多くの病気の根本原因である生活習慣や行動を変革するサポーターとして、新しい医療の形を提供いたします。それによって、ひとが本来持っている自然治癒力を高め、体や心、そして「ひととして生きているすばらしさを感じる」スピリチュアリティの3つの面での最良の状態に到達するお手伝いができることを目指します。

 

 タピックの原点は、「ひとと地域を大切にする」ことです。そのことを肝に銘じて足元をしっかり踏みしめて精進します。同時に、かつての琉球王国のアジア大交易時代に発揮された進取・友好の遺伝子を再び活性化して、アジア・世界に踏み出し、沖縄琉球の自立的発展に貢献する総合医療生活産業を創出していく所存です。

 

 今後とも皆様のご指導とご鞭撻をお願い申し上げる所存です。

  • タピックとは
  • 施設案内
  • 採用情報
  • 交通アクセス
このページのTOPへ